「準備」という名の根を張ってきた・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療費控除って何?

わかりやすく言うと

「ある年の1月~12月までに病院等で支払った金額が一定額を超えた場合、超えた金額に応じて支払った所得税が戻ってきますよ~」

という制度です。

本当は所得控除と言って、所得から医療費が除かれて税金が減額されるということなんですけどねっ (^_-)


戻ってくる金額は微々たるものだと思いますが、知らないとお国にお金をあげてしまうので


「あぁ、こういう制度もあるんだな~」


って、頭の片隅にでも置いておいてもらえれば幸いです。


実際はいろいろと細かい規定があるので、詳しくはコチラから確認して下さい。



更新の励みになるので、ご協力頂ければうれしいです (*^^*)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ジェンダークリニックでのカウンセリング代は、医療費控除の対象になるの?

私の経験をお話します。

私の場合は、ある年の1月からカウンセリングを受けて11月にはファースト診断書をもらっているので、税務署で何か言われたら診断書を見せて説得しようと思ったのですが、指摘はされませんでした。


私が通っている所は○○○メンタルクリニックという名前なので、GIDの方以外にも様々な方が来られます。

そして、領収書には具体的なことは書かれていません。

だから、見た目はGIDのカウンセリングを受けているとはわからない領収書になっています。


ただ私が思うには、国がGIDを障害と扱っている以上、それは一般の病気と変わらないはず・・・

しかも保険は適用されているのだから、ほぼ100%大丈夫だと思っています。

それは、カウンセリングの結果、GIDと認定されようがされまいが同じこと。



ジェンダークリニックでのカウンセリング代は医療費控除の対象になります



でも、カウンセリングはちゃんとした医療機関でやって下さいね~

ヤミとかだと保険が利かないばかりか、医療費控除も認められないかもしれないから・・・ねっ (*^-^)



更新の励みになるので、ご協力頂ければうれしいです (*^^*)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村

女性ホルモン代は、医療費控除の対象になるの?

まず私の経験では


税務署で指摘はされませんでした


私が通っていた所は産婦人科でしたが、名称は○○クリニックだったので、領収書上は産婦人科だとわかりません。

また、領収書に治療内容は書かれていませんでした。

だから、特に指摘されないで通ったのかもしれません。


また、私の場合はホルモン治療に保険は適用されていないので自由診療扱いなんですが、あえて「GIDの治療のための女性ホルモン代」ということを税務署の人に言っても、医療費控除はされると思います。


要するに、税務署側の見解は


それが治療目的なのか否か?


で判断します。

で、この国でGIDは「性同一性障害」という治療の必要もある障害とされていますし、さらにSRSを受ける人は事前にホルモン投与をしなくてはいけません。

だから、GIDであるという公的証拠(ジェンダークリニックでもらった診断書etc)を見せれば、たとえSRSを受ける予定がなくても認められると思います。


なので

治療が目的と言えば、GIDでも女性ホルモン代は医療費控除の対象になります。
但し、それを証明するため、ジェンダークリニックが出した診断書を見せなきゃいけないかもしれません




更新の励みになるので、ご協力頂ければうれしいです (*^^*)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村
♀プロフィール

♀ゆいか♀

Author:♀ゆいか♀
初めまして、ゆいかといいます。

SRS(性別適合手術)をして、大まかな治療は終えました。

私にとってGID(性同一性障害)は障害なので、それをなくしたいと思って治療を行いました。

これからいろいろあると思いますが、今までと変わらず努力を続け、女の幸せを掴みにいきます (^^)

このブログは、MtFへの「準備」という名の根を張り続けた記録を残しています。

具体的には、カミングアウトからSRSまでの治療、ダイレーションの記録や心の動き、脱毛、美容のために実行したことなどです。

ほぼ完成形になっているこのブログですが、少し中途半端なコンテンツもあるので、それについては暇をみて更新していきます。

よろしくお願いします (*^^*)


【経歴】

2012年
7月
・ブログを書き始めた

12月
・SRS(性別適合手術)をすることを決意した

2013年
1月
・ジェンダークリニックへ通い始めた

5月
・ 親へカミングアウトをし性転換への理解を得た

6月
・親との話し合いで、性転換後は戸籍を抜くことことを了承した

10月
・ジェンダークリニックよりファースト診断書を頂いた

11月
・フライングで女性ホルモン注射を始めた

12月
・ジェンダークリニックよりセカンド診断書を頂いた

2014年
1月
・ジェンダークリニックよりホルモン同意書を頂いた

3月
・大腸ガンが見つかった

5月
・大腸ガンの手術をした
・会社の取締役にカミングアウトをした


6月
・職場の上司にカミングアウトをした

9月
・会社のほぼ全員の前でカミングアウトをした

10月
・初めて一人で買い物をした

12月
・ジェンダークリニックにて身体意見書が完成した

2015年
1月
・兄弟にお別れのあいさつをした

3月
・渡航中の食事環境に少しでも慣れるため、タイ料理店に行った
・今までの感謝の気持ちとして、家族をディナーに招待した

4月
・ガン手術から1年後の精密検査の結果、幸いにも異状がなかった
・性別適合手術が6月に決定した

6月
・ジェンダークリニックより英文の診断書を頂いた
・タイのガモン・コスメティック・ホスピタルでSRSを受けた

7月
・分籍をして親の戸籍から外れた

10月
・職場復帰した


【今後の予定】


2016年

・内緒 (*^^*)

2017年

・氏名変更

・戸籍の性別変更

・喉仏の手術、その他

♀人気ランキング
ブログランキングに参加しています。 ぜひご協力お願いしま~す (*^^*)
♀訪問者数(累計)
♀お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

♀カテゴリ

openclose

♀月別アーカイブ
♀リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。