yui's note

GID(性同一性障害)の治療過程で思ったことの記録を綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

皆さんへのカミングアウト ‐1‐

これは、私と心の中にいるもう一人の私の会話です


ねぇ・・・私、本当に手術していいのかな・・・

●手術って?

SRS(性別適合手術)だよ

●えっ???

私、今、クリニックに通っていてGIDの診断が下るのを待ってるんだ・・・

●そうなんだ・・・

・・・で、君の意見を聞きたいな~っとか思って・・・いいかな?

●う~~ん・・・わかったよ

ありがと・・・じゃあ、少しづつ話していくねっ!



更新の励みになるので、ご協力頂ければうれしいです (*^^*)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2013/04/30 21:00 ] カミングアウト 皆さんへの告白 | TB(-) | CM(0)

皆さんへのカミングアウト ‐2‐

これは、私と、心の中にいるもう一人の私の会話です


女装のきっかけは?

小学4年か5年の時に、ある女の子が穿いていたスカートを見て、私もそれを穿いてみたいって思ったことが最初かな・・・

●ちなみに、その女の子は好きだった?

ううん、全然興味なかった。

●その後、どうしたの?

結局、そのスカートを穿くことはできなかったけど、それからは、お家で姉妹のスカートを穿くようになったよ。

●家の人がいる前で?

ううん、もちろん誰もいない時にこっそりとだよ。

●初めてスカートを穿いて、どんな気持ちになった?

もちろん興奮して立ったけど、何か罪悪感のようなものも感じた。

何でだろうね?

●スカートを穿いた後、どうしたの?

姿見を見てスカートを翻したり、アイドル歌手の真似をしたり・・・

●スカートだけしか穿かなかったの?

うん、その時はね。

●その状態でオナニーはした?

うん、興奮しているうちに、何だかムラムラしてきちゃって・・・

●オナニーの後は、どういう気持ちになったの?

スカートをすぐに脱いじゃった。

●何でだと思う?

何でだろう・・・?

わからないけど、何か罪悪感のようなものを感じたような気もする・・・



更新の励みになるので、ご協力頂ければうれしいです (*^^*)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村
[ 2013/05/01 21:00 ] カミングアウト 皆さんへの告白 | TB(-) | CM(0)

皆さんへのカミングアウト ‐3‐

これは、私と、心の中にいるもう一人の私の会話です


●その罪悪感の原因って、何なんだろうね?

う~ん・・・

たぶん、自分は男なのに女の子の格好をしていたからかな~

●・・・ってことは、君は自分を男と自認してたってこと?

うんっ

だって、親には男の子として育てられていたし、付いてるものは付いてるし、それに男の子を好きってこともなかったしね。

●そっか・・・そういう理由で、君は自分を男の子だって認識していたんだね。

そうだね~

あっ、いい忘れてたことがあった!

●なになに?

初めて射精した時のシチュエーション。

あのね、夜にベッドでうつ伏せになって、ラジオを聞いてたのねっ

そしたら、女性アイドルの歌が流れてきたんだ。

そして、その高くかわいい声を聞いているうちに、何だか急に切ない気持ちになっちゃって・・・気がついたら、パンツがビショビショになってた・・・

病気かと思って、両親に言っちゃったよっ(..)

●あははは・・・それは、恥ずかしかったね。
・・・でも、何で切ない気持ちになっちゃったんだろ?

何でだろ・・・

でも少なくとも、そのアイドルと会ってデートしたいって気持ちになったんじゃなくて、私が、もしこのアイドルだったらいいのにって思っているうちに出ちゃった感じかな。



更新の励みになるので、ご協力頂ければうれしいです (*^^*)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村
[ 2013/05/02 21:00 ] カミングアウト 皆さんへの告白 | TB(-) | CM(0)

皆さんへのカミングアウト ‐4‐

これは、私と心の中にいるもう一人の私の会話です


●そっか・・・じゃあ普通の男性が、興味のある女性をイメージした時に思うような感覚じゃなかったんだね~

そうだね~

ベッドの下にアイドルの雑誌とか隠してたんだけど

「この衣装着てみたいな~」とか

「この子みたいな顔になりた~い!」とか

「この子のような体になりたいっ!」とか

そんなこと考えながら、オナニーしてたよっ

「このかわいい子とデートしてエッチなことしたい!」ってことはほとんど思ってなかったと思う・・・

●ふ~ん、それは普通の男性の考えることじゃないよね。

それにオナニーの仕方も、普通の男の子と違ってたみたいだし・・・

●えっ!それってどういうこと?

男の子としゃべっていた時にわかったんだけど

普通はアレを手で握って、前後に擦るんでしょ?

でも私の場合は、布団にうつ伏せになって、アレを布団に押し付けた状態で、腰を上下に動かすような感じでやってたんだ。

●へぇ~、そんなやり方もあるんだ・・・

家に人がいない時に、帰って来る時間がわからない時は、雑誌で手早く済ませて、帰ってくる時間がわかっている場合は、姉妹の洋服を着てやってたよ。

●洋服を着てってことは、スカートだけじゃ物足りなくなったんだね?

うんっ

スカートとブラウスを合わせてみたり・・・

これは中学校に入ってからだけど下着を着けてみたり、水着も着ちゃったこともあるよ。



更新の励みになるので、ご協力頂ければうれしいです (*^^*)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村
[ 2013/05/04 21:00 ] カミングアウト 皆さんへの告白 | TB(-) | CM(0)

皆さんへのカミングアウト ‐5‐

これは、私と心の中にいるもう一人の私の会話です


●下着や水着を着て、どう思った?

ブラはなかなか付けられなくて、何度も諦めようとしたけど、付けられた後はすごく感動したっ!

あの締め付け感が、たまらないって感じだった。

ワイヤーのないタイプだったんだけど、後日、ワイヤー付きのを付けた時はさらに感動っ!!

・・・でも胸がないからカップがスカスカで、「あ~~私も胸がほしい」っていつも思ってたよ。

パンツはやっぱりアレがね・・・見るに堪えないって感じだった。

下向きに収めたりしたんだけど、やっぱり不自然で・・・「アレも無くしたい」って思ったのはこの時が最初だったかな・・・

水着は愕然としたよ・・・胸もないし、アレはくっきり浮かび上がるし・・・もう最悪・・・

女の子の体になるまで、二度と着ないって思った。

体格は小さかったんだけど、やっぱり男の子の体だよね・・・下着姿や水着姿では、ガッカリした気持ちになっちゃって・・・

●そうなんだ・・・じゃあ、単に女性の洋服を着ることで満足する感じじゃなくて、見た目も女性のように見えないと納得できなかったんだね?

そうだね・・・

あとは、社会生活的に女性の役割をしたいって、ずっと思ってた。

●例えば?

今は、男女の社会生活的な違いって、あんまりないでしょ。

でも少し前までは、女性は結婚したら家庭に入り、子供を育て、家事をこなし、夫の帰りを待ったり、時には夫の夢や野望のための手助けをしたりするのが一般的だったじゃない。

私は、そういう役割をしたいって、子供の頃からずっと思ってたんだ・・・

もちろん、夜の営みもねっ (*^^*)



更新の励みになるので、ご協力頂ければうれしいです (*^^*)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村
[ 2013/05/05 21:00 ] カミングアウト 皆さんへの告白 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

ゆい

Author:ゆい
こんにちわ、ゆいといいます (^.^)


小さいころから性別への違和感を感じながらも

「親を悲しませるんじゃないだろうか?」とか「親の期待に応えなきゃ!」とか...

いろいろ思い悩み、なんとか治療をしないで生きていける方法を探っていました。

でも、もし治療をしなければならなくなった時に、慌てることのないように手術費とかも少しづつためていました。

・・・で、そのうち精神不安が重なったことなどがキッカケで、治療をする決心をしました。


そして2015年にSRS(性別適合手術)をして、とりあえずの治療は終えることができました。


私にとってGID(性同一性障害)は生きていくための障害になっていました。なので、まずそれをなくしたいという一心だけでした。

だから、治療を終えた後も達成感とかそういうのはなく、これからの不安とかで頭がいっぱいでした。



このブログは、MtFへの「準備」という名の根を張り続けた記録を残しています。



【治療経歴】

2012年

7月
・ブログを書き始めた

12月
・GIDの治療を始めることを決めた

2013年

1月
・ジェンダークリニックへ通い始めた

5月
・ 親へカミングアウトをし、GID診断後はSRS(性別適合手術)までの治療を受けることを伝えた

6月
・親と話し合って、SRS後は親の戸籍から抜けることにした

10月
・ジェンダークリニックよりファースト診断書を頂いた

11月
・女性ホルモン注射を始めた

12月
・ジェンダークリニックよりセカンド診断書を頂いた

2014年

1月
・ジェンダークリニックよりホルモン同意書を頂いた

3月
・上行結腸ガンが見つかった

5月
・上行結腸ガンの手術をした
・会社の役員にカミングアウトをした


6月
・会社側の条件に従って、職場の上司にカミングアウトをした

9月
・会社側の条件に従って、職場の同僚にカミングアウトをした

10月
・仮のRLE(実生活経験)を始めた

12月
・ジェンダークリニックにて身体意見書が完成した

2015年

3月
・渡航中の食事環境に慣れるため、タイ料理を食べた
・今までの感謝の気持ちとして、家族を夕食に招待した

4月
・ガンの精密検査で異常がないことがわかった
・SRS(性別適合手術)の日にちが決まった

6月
・ジェンダークリニックより英文の診断書を頂いた
・タイのガモンホスピタルでSRSを受けた

7月
・分籍をして親の戸籍から外れた

10月
・職場復帰しRLEを始めた

2016年
6月
・家族と再会し、実家へ戻ることが許された

8,9月
・戸籍上の変更をした(改名、改性)

10月
・クレジットカードや水道光熱費等の改名手続きをした
・生まれた時の性別を知らない友達ができた

2017年


3月
・会社を退職した

4月
・生まれた時の性別を知らない会社で働き始めた
・趣味の活動に参加し始めた

7月
・生まれた時の性別を知らない男性とつき合い始めた



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。