yui's note

GID(性同一性障害)の治療過程で思ったことの記録を綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

皆さんへのカミングアウト ‐11‐

これは、私と心の中にいるもう一人の私の会話です


●・・・で、家に帰ってから早速女装したの?

うんっ

夜遅かったんだけど、我慢できなくって・・・とりあえず、洋服だけ着てウットリしてた。

●メイクとかは、後日やったんだ?

うん、次の休みにやった。

●・・・で?

ウィッグをしてからの方が雰囲気でるし、いいかなって思ったんだけど、いざやろうと思ったらすごくやりづらかったのねっ

だから、ウィッグをつけるのは後にした。

●そっかぁ~、ヘアピンのようなものがなかったんだね?

うん

今でも思うけど、女の子のおしゃれって、ホントにたくさんの隠れた小道具が必要なんだな~って思った・・・

●それで、メイクの出来映えはどうだったの?

一応、手順書はついてたんだけど、よくわかんなかったから、ファンデとリップだけしか付けなかった。

でも、それだけでもすっごい変わった感じがして、さらにウィッグもしたら「私、完全に女の子じゃん!」って思った。

まぁ、完全な思い込みだけどね(*^^*)

でも同時に、メイクって面倒くさいな~とも思って、それからはほとんどメイクしなくなっちゃった。

●そっかぁ・・・で、話は変わるんだけど、気持ちに変化は表れた?

まだその頃は、リアルな男性にトキメキは感じなかったな~

でも、エピソードとしてはこんなことがあったよ。

お友達と私の部屋で飲んでた時、AVを観ようってことになったのねっ

・・・で、観たら、女優さんが男優さんにいろいろと弄ばれるシーンがあって、それを見た時に自分の気持ちがその女優さんの気持ちと重なり合っちゃって、何か異常に興奮した。

隣で観てる友人は「おっ!おっ!スゲェー」だったのに

私は「あっ、あっっ!あぁん!」って感じ・・・



更新の励みになるので、ご協力頂ければうれしいです (*^^*)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2013/05/23 21:00 ] カミングアウト 読者の方へ | TB(-) | CM(0)

皆さんへのカミングアウト ‐10‐

これは、私と心の中にいるもう一人の私の会話です


●大学に入ってからは?

一人暮らしを始めたし、収入を得るようになったから、初めて女装ショップに行って買い物をしたんだよ~

●初めての女装ショップどうだった?

お店に入る時は、周りの目を気にしながら、しばらくウロウロしてたけど、意を決して中に入ったんだ・・・もうドキドキしちゃって・・・

女装者さんのためのお店っていうのはわかってるんだけど、何か、店員さんとか他のお客さんとかと目を合わせるのが嫌で・・・

でも店内に入ると、女性用の下着や洋服がいっぱいあって・・・すごくワクワクしたのを覚えてる・・・

●で、何を買ったの?

さっきも言ったけど、店員さんとか他のお客さんと目を合わせるのが嫌だったから、二度と来ないつもりだったのねっ

だから、全部揃えちゃおうとか思って、下着から洋服、ウィッグからヒール、メイク道具のセットまで全部買っちゃったよん

●それじゃあ、相当お金かかったでしょ?

うん、10万円位使っちゃったと思う

●えぇ~、そんなにお金使っちゃって、生活は大丈夫だったの?

大丈夫じゃないよ~

その後の生活は悲惨でした・・・



更新の励みになるので、ご協力頂ければうれしいです (*^^*)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村
[ 2013/05/22 21:10 ] カミングアウト 読者の方へ | TB(-) | CM(0)

皆さんへのカミングアウト ‐9‐

これは、私と心の中にいるもう一人の私の会話です


●そっか、それはうれしかったよね・・・でも、顔には出せないか。
・・・で、高校に入ってからは?

エピソードとしては、夏服の時に友達が「おめー、ウエスト細っいなー、女子より細せーんじゃねえのっ!」って言われたことがあった。

もちろん内心すごくうれしかったけど、その頃は、女性になることなんて絶対不可能だと思って「男として生きていくんだ!」って思ってたから、少し悔しくなって、それから筋トレを始めたんだ。

それで、結構たくましくなっちゃった(*^^*)

●そっか~、思いとは裏腹に、たくましくなっちゃったか~
・・・で、お家での女装は?

中学生の時と、ほとんど変わらなかったね。実家にいたし・・・

●メイクはしなかったの?

うん、しなかった。

だって、まず、何をどうすればいいのか、全然わかんなかったし、実家にいたら、いずれバレちゃうっていう予感があったから・・・

「口紅は唇に塗るんだ~」くらいしかわからなかった。

●そうなんだ~
じゃあ全体的には、たくましくなった体で、ノーメイクで女装してたってことだね。

そうだね~

正直、女装姿を鏡で見たくなかった。

だから、オナニーする時も女装しないで、雑誌を見て妄想するだけに変わっていったんだ・・・



更新の励みになるので、ご協力頂ければうれしいです (*^^*)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村
[ 2013/05/15 21:00 ] カミングアウト 読者の方へ | TB(-) | CM(0)

5回目のGID診察 -初カウンセリング-

5回目のGID診察に行ってきました。

いつも、一時間待つのは当たり前なんだけど、今回は10分位しか待たされなかった (-x-;)

・・・明日は雨?雪?嵐?

せっかく、ゆっくりと「女性自身」読もうと思ってたのに~ /(´o`)\


診察室では、事前にお知らせしていた自分史について聞かれました。

●子供の頃、男の子がやる遊びをしていたようだけど、好きでやっていたの?

好きだったかどうかはわからないけど、そんなに抵抗はなかったと思う。

でも、近所に女の子が多かったので、女の子の遊びもしていた。

たぶん、僕は環境の影響を受けやすいタイプだったと思う。

なので、僕は当然男の子として育てられたわけだから、男の子の遊びをするべきで、女の子の遊びをするのは恥だと頭の中で考えていた。

だから、自分の本心はよく思い出せないけど、男の子の遊びでも面白いと思ったものはあったと思うし、女の子の遊びも楽しかったと思う。

ただ、男の子の遊びで、野蛮で痛い遊びだけは、本当に嫌だったのを覚えてる。

・・・でも、実際はここまで詳しく喋れなかった・・・ (ノ_-;)

だって、急かされてるみたいで、そこまで思い出せなかったんだもん 

3分位の問診じゃ、自分の本当の気持ち喋れないよ~

カウンセリングの意味あんのかな~ (¬、¬)


今日の料金は1,200円。

ホント高い!!



更新の励みになるので、ご協力頂ければうれしいです (*^^*)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村

皆さんへのカミングアウト ‐8‐

これは、私と心の中にいるもう一人の私の会話です


●へぇ~、結構研究してるんだね~

そうだね~

女の子になるって大変だな~って思った。

でも、楽しんでやるように心がけてるよ。

●話は変わるんだけど、中学生になってからはどうだったの?

基本的には変わらなかった。

姉妹の洋服を着て、オナニーしてた。

でも、その時にイメージしてたのは、女性の私が素敵な男の人に愛されてるシーン・・・

・・・で、実際にスカートをはいている自分を目で確認して、幸せな気分になってた。

●そっか・・・でも、その頃はまだ実際の男性に恋愛感情を抱くってことは無かったんだよね?

そうだね~、そこが不思議なとこなんだけど・・・

私の周りに、男を感じさせる人がいなかっただけかもしれない・・・

●あとは、何かエピソードある?

あのねっ、体育祭の予行練習をしていた時に、仲間で女装の話になったことがあって・・・

・・・で、その話が私に振られた時に、「俺が女装したら気持ち悪くってしょうがねーだろ」って返したら、仲間の一人が、「いや、そんなことないだろ」って真顔で言ってたのね

その時、内心うれしい気持ちになっちゃったのを覚えてる(*^^*)



更新の励みになるので、ご協力頂ければうれしいです (*^^*)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村
[ 2013/05/09 21:00 ] カミングアウト 読者の方へ | TB(-) | CM(0)
プロフィール

ゆい

Author:ゆい
こんにちわ、ゆいといいます (^.^)


小さいころから性別への違和感を感じながらも

「親を悲しませるんじゃないだろうか?」とか「親の期待に応えなきゃ!」とか...

いろいろ思い悩み、なんとか治療をしないで生きていける方法を探っていました。

でも、もし治療をしなければならなくなった時に、慌てることのないように手術費とかも少しづつためていました。

・・・で、そのうち精神不安が重なったことなどがキッカケで、治療をする決心をしました。


そして2015年にSRS(性別適合手術)をして、とりあえずの治療は終えることができました。


私にとってGID(性同一性障害)は生きていくための障害になっていました。なので、まずそれをなくしたいという一心だけでした。

だから、治療を終えた後も達成感とかそういうのはなく、これからの不安とかで頭がいっぱいでした。



このブログは、MtFへの「準備」という名の根を張り続けた記録を残しています。



【治療経歴】

2012年

7月
・ブログを書き始めた

12月
・GIDの治療を始めることを決めた

2013年

1月
・ジェンダークリニックへ通い始めた

5月
・ 親へカミングアウトをし、GID診断後はSRS(性別適合手術)までの治療を受けることを伝えた

6月
・親と話し合って、SRS後は親の戸籍から抜けることにした

10月
・ジェンダークリニックよりファースト診断書を頂いた

11月
・女性ホルモン注射を始めた

12月
・ジェンダークリニックよりセカンド診断書を頂いた

2014年

1月
・ジェンダークリニックよりホルモン同意書を頂いた

3月
・上行結腸ガンが見つかった

5月
・上行結腸ガンの手術をした
・会社の役員にカミングアウトをした


6月
・会社側の条件に従って、職場の上司にカミングアウトをした

9月
・会社側の条件に従って、職場の同僚にカミングアウトをした

10月
・仮のRLE(実生活経験)を始めた

12月
・ジェンダークリニックにて身体意見書が完成した

2015年

3月
・渡航中の食事環境に慣れるため、タイ料理を食べた
・今までの感謝の気持ちとして、家族を夕食に招待した

4月
・ガンの精密検査で異常がないことがわかった
・SRS(性別適合手術)の日にちが決まった

6月
・ジェンダークリニックより英文の診断書を頂いた
・タイのガモンホスピタルでSRSを受けた

7月
・分籍をして親の戸籍から外れた

10月
・職場復帰しRLEを始めた

2016年
6月
・家族と再会し、実家へ戻ることが許された

8,9月
・戸籍上の変更をした(改名、改性)

10月
・クレジットカードや水道光熱費等の改名手続きをした
・元の性別を知らない友達ができた

2017年


3月
・会社を退職した

4月
・元の性別を誰も知らない会社で働き始めた
・趣味の活動に参加し始めた

7月
・元の性別を知らない男性とつき合い始めた

http://www.rakuten.co.jp/kireidelab



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。