yui's note

GID(性同一性障害)の治療過程で思ったことの記録を綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自分の力だけで作った初めての友達

職場で困ってる若い女の子がいた


気がつくと、助けてる私がいた


その子はコミュニケーションがあまり得意じゃないみたい・・・っていうか、たどたどしい感じ


きっと、今までの人生で辛いことがあったんだよね・・・




だから、私から積極的にいった


彼女が徐々に心を開いてくる


・・・そして私たちは友達になれた 。o@(^-^)@o。




彼女が私をどっちの性別と思ってるかはわからない


でも、そんなことはどうでも良くて


大きかったのは、自分の力だけで作れた初めての友達だという事実


だから、めっちゃうれしかったし、自信がついた!




今までは、女社会で生きていくにはこうしなきゃいけないとか、そんなくだらないことに縛られてた


だから何となく苦しかった


ついに耐えきれなくなって、昔のまま、ありのままの自分をさらけ出した


それで良かったんだ!


だって、私は女だもん


演じる必要なんてなかったんだ! 


心が解放されて、楽になった (*^-^)


めっちゃ、気持ちいぃ!!!


なんも言えねぇ・・・




今までは、私の過去を知ってる人と、その人が紹介してくれた人達だけが友達だった


全て受け身だった


でも、今回は違う




私は元男であったことに、強いコンプレックスをもってる


もし男だって気づかれたらどうしよう・・・キモいと思われないだろうか・・・


そんなことばかり考えてしまい、どうしても積極的にいけなかった


だけど、そのコンプレックスの殻を一枚破ることができた




今回得た経験は大きい気がする


もっともっとたくさんの経験をして、早くこのジャンルから卒業したい (^.^)



共感したり、参考になったら押してねー!
   ↓↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ 
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/05/29 21:00 ] RLE(実生活経験) | TB(-) | CM(0)

「男性用ですか?女性用ですか?」だって

友達と和太鼓の公演を観に行ってきた

屋外だったけど、演奏中にバチが折れて破片が私のすぐ横に飛んできたりして、すごい迫力だった w( ̄△ ̄;)w


メンバーは全て10代20代の男性で、追っかけの友達はそれぞれお目当ての人がいるようだった

・・・で、私も一人の男性に惹かれた

だけど、それは

「俺は今、この瞬間を生きているっ!」

っていうのが体から溢れているのを感じられたからで、別にイケメンだから惹かれたってわけじゃないんです

でも、私は好きです、こういう人 

支えてあげたい気持ちになる (*^-^)



・・・そんな感じで、こんばんわ☆

ゆいです。


公演後に6人でお茶したんだけど、話題は和太鼓の人のことばかり・・・

もっとコロコロと違う話題に変わっていくかと思ったんだけど・・・意外だった

それよりも、今回は私が元男であることを知らない人が5人もいたから緊張した (;^_^A

こういう経験は初めてだったから・・・またひとつ経験が増えたっ \(^▽^)/


私の過去を知ってる人は1人だけ

解散してからその子に聞いてみたら、「みんなわからなかったと思うよ」だって・・・本当かなw

ちなみに、その子と私が初めて会った時は、紹介してくれた友達が事前に私の過去を言っちゃってたから知ってる状態で会ったんだけど、もし知らされてなければわからなかったって言ってた・・・それも本当かなww

なんかホッとした


でも、イベントの途中でトイレを探してた時、近くにいた警備員のおじさんに聞いたら

「男性用ですか?女性用ですか?」だって ( ̄□ ̄;)

全く、失礼しちゃうよね (*`∧´)/

SRS後、もう少しで一年が経とうとしてるんだけど、こんな風に言われたの初めてだったから、正直かなりショックだったよ (._.)

まぁ、確かに男みたいなカッコしてたから、単純にどっちかわからなかっただけだとは思うんだけど・・・

でも、普通トイレなんて男も女も同じエリアにあるじゃん・・・なんでそんなこと聞くかな~とも思った・・・


やっぱり障害が治ったっていっても、埋没系にとって性別間違えられるのは辛いから、帰ってからもしばらくショックだったんだけど

考えようによっては男みたいなカッコしてて、男か女かわからないって思われたんだから、むしろいい方向に捉えていいんじゃないかとも思ったよ

そうだよね・・・

18過ぎまで男でそれからホルモン始めて、男みたいな服装でどう見ても女性にしか見れなかったら、世の中の女性の立場がないよ

女性と言えば女性に見えるけど、男性と言えば男性に見える

MtFさんの多くはそうだと思う


彫が浅い人はメイク次第で日本人の女性みたくなれるけど、彫が深めの人は整形しないと日本人には見られにくいよね

影を入れるところに、ハイライトを入れるとかのテクはあるけど、それでも外国人のハーフかな?とか思われちゃう

私は、水原希子さんに似てるって言われたことがある

希子さんは美人だけど男性的な顔立ちだから、複雑な気持ちだった

基本的に「きれい」とか「美人」とか言われることはあっても、「かわいい」と言われたことはない

それって、ニューハーフの典型でもあるよね

元男の運命というか宿命というか・・・

あ~~~、言われたいな・・・かわいいって・・・ (._.)

・・・あ、言われたことあるか・・・ベッドの上なら (*^^*)


昔はどうだっただろ・・・堂本剛くんとか・・・イラン人とか言われたこともあったな・・・

おいおい、イラン人って・・・そんな言葉いらんからっ!



共感したり、参考になったら押してねー!
   ↓↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ 
にほんブログ村
[ 2016/05/24 21:00 ] RLE(実生活経験) | TB(-) | CM(0)

大根のそぼろあんかけ

「大根のそぼろあんかけ」を作ろうと、三週間前に買った大根・・・

なんだかんだで作る時間がなくて、野菜室に放置されてるのを思い出した。

まだ使えそうか確認して作り始める。

大根のそぼろあんかけ

できたー!

煮崩れを防ぐために、面取りもしちゃいました (*⌒∇⌒*)

だから☆☆



共感したり、参考になったら押してねー!
   ↓↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ 
にほんブログ村
[ 2016/05/15 21:00 ] 花嫁修業 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

ゆい

Author:ゆい
こんにちわ、ゆいといいます (^.^)


小さいころから性別への違和感を感じながらも

「親を悲しませるんじゃないだろうか?」とか「親の期待に応えなきゃ!」とか...

いろいろ思い悩み、なんとか治療をしないで生きていける方法を探っていました。

でも、もし治療をしなければならなくなった時に、慌てることのないように手術費とかも少しづつためていました。

・・・で、そのうち精神不安が重なったことなどがキッカケで、治療をする決心をしました。


そして2015年にSRS(性別適合手術)をして、とりあえずの治療は終えることができました。


私にとってGID(性同一性障害)は生きていくための障害になっていました。なので、まずそれをなくしたいという一心だけでした。

だから、治療を終えた後も達成感とかそういうのはなく、これからの不安とかで頭がいっぱいでした。



このブログは、MtFへの「準備」という名の根を張り続けた記録を残しています。



【治療経歴】

2012年

7月
・ブログを書き始めた

12月
・GIDの治療を始めることを決めた

2013年

1月
・ジェンダークリニックへ通い始めた

5月
・ 親へカミングアウトをし、GID診断後はSRS(性別適合手術)までの治療を受けることを伝えた

6月
・親と話し合って、SRS後は親の戸籍から抜けることにした

10月
・ジェンダークリニックよりファースト診断書を頂いた

11月
・女性ホルモン注射を始めた

12月
・ジェンダークリニックよりセカンド診断書を頂いた

2014年

1月
・ジェンダークリニックよりホルモン同意書を頂いた

3月
・上行結腸ガンが見つかった

5月
・上行結腸ガンの手術をした
・会社の役員にカミングアウトをした


6月
・会社側の条件に従って、職場の上司にカミングアウトをした

9月
・会社側の条件に従って、職場の同僚にカミングアウトをした

10月
・仮のRLE(実生活経験)を始めた

12月
・ジェンダークリニックにて身体意見書が完成した

2015年

3月
・渡航中の食事環境に慣れるため、タイ料理を食べた
・今までの感謝の気持ちとして、家族を夕食に招待した

4月
・ガンの精密検査で異常がないことがわかった
・SRS(性別適合手術)の日にちが決まった

6月
・ジェンダークリニックより英文の診断書を頂いた
・タイのガモンホスピタルでSRSを受けた

7月
・分籍をして親の戸籍から外れた

10月
・職場復帰しRLEを始めた

2016年
6月
・家族と再会し、実家へ戻ることが許された

8,9月
・戸籍上の変更をした(改名、改性)

10月
・クレジットカードや水道光熱費等の改名手続きをした
・元の性別を知らない友達ができた

2017年


3月
・会社を退職した

4月
・元の性別を誰も知らない会社で働き始めた
・趣味の活動に参加し始めた

7月
・元の性別を知らない男性とつき合い始めた

http://www.rakuten.co.jp/kireidelab



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。