yui's note

GID(性同一性障害)の治療過程で思ったことの記録を綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SRS(性別適合手術)したことを知らない兄弟との再会

こんばんわ ☆

ゆいです



6月の初めの出来事なんだけど、1年ぶりに家族と会うことができた \(^▽^)/

うちは3人兄弟なんだけど、母との話し合いで兄弟は私がSRS(性別適合手術)をしたことを知らない。

もちろんGID(性同一性障害)であることも知らない。


兄弟は私がタイに海外赴任してると思ってる...

・・・で、通院のため、1年ぶりに帰ってきたと思ってる...

本当は、実家から数キロしか離れてない所に住んでるのにね...


だから、会った時は男の格好だった。

でも、手術直前まではよく会ってたし、帽子被ってたから全然気づいてない感じ...

顔つきはSRSしたところで特に変わるところじゃないからさー

弟には「タイ人みたい」とか言われ、姉には「なんで家の中でも帽子取らないの?タイではそれが流行ってるの?」とか言われたがwww



弟とは長瀞へライン下りに・・・

母とは谷中銀座に・・・

んで、姉とは家で再会・・・


ちょっと前に知り合いがタイに遊びに行くというので、ついでに買ってきてもらった現地のお菓子を渡したのが、海外赴任してるということを信じさせる超強力な武器になったw

ガイドブックに載ってないようなツッコんだ質問も飛んだけど、事前に勉強してたからなんとかクリアできた!

例えば、給料関係とか社会保険関係とかね。



うちの母は本当に凄いと思う

兄弟の性格と今の状況をよく考えて、最善の策がカムしないことだった

ソリなんて昔から合わないよ...

会えば口うるさいことしか言われない。

ガミガミガミガミ・・・毎回毎回頭にくる!

でも、そんなのどこの家庭でも一緒じゃないのかなー?


この世に生んでくれただけでも愛がある

学校に通わせてくれたり、ご飯を作ってくれたり、家に居させてくれたり・・・

それだけで、もう十分過ぎるくらいの愛情を注がれてると思うよ... (^.^)



男の格好するのは精神的に辛い部分があるし、カムや手術後に女の格好で普通に会えてる人達をうらやましく思ったこともある...

あとは、兄弟を欺いてるという罪悪感が辛いかな...しょうがないことだけど...

でも、私の場合、女の格好で会うのはやっぱ恥ずかしいや (*^.^*)



共感したり、参考になったら押してねー!
   ↓↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ 
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/06/25 21:00 ] SRS(性別適合手術)後の出来事 | TB(-) | CM(0)

会話の極意

こんばんわ ☆

ゆいです。



この前は、和太鼓グループと創作舞踊集団のコラボライブを観に行ってきた。

会場で新しい人と話ができたし、連絡先は交換しなかったけど話しやすい雰囲気を持ったおしとやかな感じの人で、また会いたいと思った。

芳本美代子さんみたいな感じかなぁ (*^^*)


・・・まぁ、それはいいとして、その後の夕飯。

私の過去を知る人はひとり

知らない人はふたり

話題は和太鼓グループのことばっかだったんだけど、前と違って、私もちゃんと自分の言いたいことを喋れるようになった (^.^)

相手は社交的でおしゃべりな人ばかりだから、うまく舌が回らなかったらどうしよう・・・とか、ちょっと緊張したけど・・・

でもこうなると、もう会話自体が楽しくなってくるよね ♪


共感、積極的な相槌・・・でも、自分の意見もちゃんと言う。

別に、このスタイルは男だった時となんら変わりないんだけど

やっぱ違うよね...盛り上がり方とか・・・男集団の場合は、「のれんに腕押し」的な感じで、スカされ感満載だったから (^^;)


過去を知らない人がいる以上、ボロが出ないように気をつけなきゃいけないけど、そこは元プロの劇団員!

「私、失敗しないので!」←大門未知子さん風に



共感したり、参考になったら押してねー!
   ↓↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ 
にほんブログ村
[ 2016/06/20 21:00 ] RLE(実生活経験) | TB(-) | CM(0)

SRS、1年後の近況報告

こんにちわ (^.^)

お久しぶりです。

ゆいか改め、ゆいです。



ブログの更新を停止してから、不完全なテーマの追加以外の記事を投稿するのは、本当に久しぶりです。

・・・って言っても、半年ぶりぐらいかな??



ダイレーションは6/15をもって4日に1回で良くなり、生活への支障はだいぶ少なくなりました。

もちろんペースは自己判断ですが、この間???した時に結構すんなり入ったみたいなので、自分の決めたダイレスケジュールは間違ってなかったのかなって思っています。


生活面は、SRSを終えて1日2回のダイレーションを終えた後も、正直いろいろと苦しかったです。

でも、今では過去を知らないと思われる友達も徐々にでき、友達からも時々誘われ、家族にも会え、生活はとても充実しています。

周りの人々には、本当に感謝の気持ちしかありません 。o@(^-^)@o。


ちなみに、私のブログは三章に分かれています。

このブログは第一章(MtFへの準備)、で、今更新中のブログは第二章(MtFとしての経験と治療中の経験談)ですが、最終章のコンセプトも既に考えています。

【2017/3/29追記】

二章の"yui's leaf"はすでに最終回を迎え、今は一章の"yuika's root"と記事を統合しています。

そのため、タイトルを"yui's note"に変えて、こちらも今、最終回の記事を少しづつ書いています。

今年中には記事を公開できると思います。



最終章のコンセプトは「社会貢献と自己啓発、そして自分らしく・・・」です。


んで、最終章に関してはブログ村でのジャンルはMtFではなくなります。



ではまた来年・・・か、または重要なことが起こった時にでもご報告いたします。

ではでは (*^-^)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ 
にほんブログ村

http://www.rakuten.co.jp/kireidelab
[ 2016/06/18 12:35 ] SRS(性別適合手術) SRS日記 | TB(-) | CM(2)

ダイレーションを始めてから、365日目のめぐり逢い

こんばんわ☆

ゆいです。


先日書いた「失恋」の記事のあと、ある人からメッセージを頂きました。

─┘─┘─┘─┘─┘─┘

もう覚えてくれていないかもしれませんけど、3年くらい前に一度池袋でお逢いして食事とかしていただきました。


その後、付き合ってる人ができましたと言うことで、メッセージは控えていました。


その間、どんどん女の子が進歩していきましたね。


陰ながら応援していました。


今回、失恋してしまったということで、とても可哀想だなって思うと同時に、不謹慎ながらメッセージしてもイイかなって思いましてこのメッセージをしています。

─┘─┘─┘─┘─┘─┘

・・・思い出した・・・3年前・・・

私が、女性の格好をして初めて外出した時にお会いした人だ・・・

家から外出する勇気さえなかった私は、池袋のホテルを予約し着替え、彼に客室まで来てもらって夜ご飯と買い物につき合ってもらった・・・

当時の私は、初外出の緊張が大き過ぎて、彼の人柄まで把握する余裕はなかった


でも、一回会った後、しばらく連絡が来なかったから、私はこんなメッセージを返したんだ・・・

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○

突然ですみません。

正直に言いますね。

実は私、今付き合っている方がいます。

・・・中略・・・

なので、少なくともその人とつき合っている間は、おつき合いできないんです。

本当にごめんなさい。​

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○

このやり取りを最後に、約3年の月日が流れた・・・

めぐり逢い・・・

実は、彼がこの3年間、私をずっと見守ってくれてたのは知ってた

だから昨晩、私は彼と再び会うことにした


ムダ毛の処理をしてしまう・・・勝負下着をつけてしまう・・・

今日は食事をするだけだと決めてたのに...


普段より丁寧にメイクをする・・・来年までやらないと決めていたジェルネイルをする・・・

急いでるのに、慌ててリングを選んでしまう・・・

給料前でお金がないのに...


何でそうしたのか、自分でもよくわからない...

見えない何かが、私の心を支配してるような感覚だった・・・



新宿のおしゃれなイタリアン

彼は豪快で、とても明るくポジティブ

気遣いもできて、紳士的な人

「俺は今、人生を楽しんでるぞ!」

そんなオーラを体中から放ってた


私は彼に心を許し体を預けた

彼の欲望を体で受け止めた

ゼリーなしでも大丈夫だった

感覚はほとんどない

ただ、奥までいった時、少し痛いと感じた...それだけ・・・

でも、愛はいっぱい感じることができた...

だから、思いっきり甘えさせてもらった


・・・本名を交換し、つき合うことになった

帰りの電車で、急に何かを思いつき、あわててブログを確認する

・・・女性として初めて男性とした夜の営みは、ダイレーションを始めた日からちょうど365日目のことだとわかった...



私は今まで真面目に生きてきたつもりだ

そして、自分なりに努力もしてきたつもりだ

『一日一日小さなことでも一歩づつ着実に、やがてそれがあなたの人生にとって大きな力となって育っていく』

小学校の卒業の時に、長先生から頂いた言葉だ

それが今になって、私の心に降りそそぐ


積極的に女性の中に飛び込んだことで、私の過去を知らない2人目の友達もできようとしてる

1人目の友達からは、悩みの相談もされてる

『何かを得たいと思うなら、まず自分から与えよ』

それを実践し出したとたん、驚くほど周りの景色が変わってきた


私に良くしてくれる、私の過去を知っている女性

横浜でランチをごちそうしてもらった時、彼女は言った

『お返しは、私じゃなく他の人にしてあげて!そして、その輪を広げていって!』と

・・・私はいい友達に恵まれてる・・・



私は真面目に生きていく

私なりの努力もしていく

これからも・・・

そして、たくさんの悩める人達の心を癒してあげる

それが、私がこの世で生きてる意味となる



空が明るくなってきた・・・

カラスの鳴き声が・・・小鳥のさえずりも聞こえる・・・新聞配達のオートバイの音も・・・

夜更かししたのは、何年ぶりだろう...

美容には良くない・・・でも、今夜くらいはいいよね (^.^)



昨日、レストランでワインを飲んでる私・・・彼には私が何色に映っただろうか...





共感したり、参考になったら押してねー!
   ↓↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ 
にほんブログ村
[ 2016/06/16 21:00 ] RLE(実生活経験) | TB(-) | CM(0)

女性の輪に飛び込んで活路を開く

こんばんわ ☆

ゆいです。



前に、初めて友達ができたっていう記事を書いたけど、その子から今日メールがきて、悩みを打ち明けられた。

なんか頼られてるようで、すごくうれしかった (^.^)

あ・・・その子は私の過去を知らないと思う...たぶん。


女性は、人間関係で精神的に参ってしまう人が多い。

周りに無理に合わせようとせず、基本控えめで、たまに自分を出していくのがうまくやっていく秘訣かもしれない。


この前は、お昼に女性3人の輪の中に飛び込んでいった。

「お昼、一緒にいいですか?」

まー、楽だよね...男性に比べて...


男性の輪に入るのはとても勇気がいった・・・

「ハァ~?」

「何だこいつ?」

女性だと、こんな感じにはほとんどならないから・・・もちろん裏ではわからないけど...


私はコミュニケーションが得意なので、楽しいお昼を過ごせた。

・・・って感じで、また経験が増えた。


これからもガンガンいくよぉ~ o(^o^)o



共感したり、参考になったら押してねー!
   ↓↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ 
にほんブログ村
[ 2016/06/12 21:00 ] RLE(実生活経験) | TB(-) | CM(0)
プロフィール

ゆい

Author:ゆい
こんにちわ、ゆいといいます (^.^)


小さいころから性別への違和感を感じながらも

「親を悲しませるんじゃないだろうか?」とか「親の期待に応えなきゃ!」とか...

いろいろ思い悩み、なんとか治療をしないで生きていける方法を探っていました。

でも、もし治療をしなければならなくなった時に、慌てることのないように手術費とかも少しづつためていました。

・・・で、そのうち精神不安が重なったことなどがキッカケで、治療をする決心をしました。


そして2015年にSRS(性別適合手術)をして、とりあえずの治療は終えることができました。


私にとってGID(性同一性障害)は生きていくための障害になっていました。なので、まずそれをなくしたいという一心だけでした。

だから、治療を終えた後も達成感とかそういうのはなく、これからの不安とかで頭がいっぱいでした。



このブログは、MtFへの「準備」という名の根を張り続けた記録を残しています。



【治療経歴】

2012年

7月
・ブログを書き始めた

12月
・GIDの治療を始めることを決めた

2013年

1月
・ジェンダークリニックへ通い始めた

5月
・ 親へカミングアウトをし、GID診断後はSRS(性別適合手術)までの治療を受けることを伝えた

6月
・親と話し合って、SRS後は親の戸籍から抜けることにした

10月
・ジェンダークリニックよりファースト診断書を頂いた

11月
・女性ホルモン注射を始めた

12月
・ジェンダークリニックよりセカンド診断書を頂いた

2014年

1月
・ジェンダークリニックよりホルモン同意書を頂いた

3月
・上行結腸ガンが見つかった

5月
・上行結腸ガンの手術をした
・会社の役員にカミングアウトをした


6月
・会社側の条件に従って、職場の上司にカミングアウトをした

9月
・会社側の条件に従って、職場の同僚にカミングアウトをした

10月
・仮のRLE(実生活経験)を始めた

12月
・ジェンダークリニックにて身体意見書が完成した

2015年

3月
・渡航中の食事環境に慣れるため、タイ料理を食べた
・今までの感謝の気持ちとして、家族を夕食に招待した

4月
・ガンの精密検査で異常がないことがわかった
・SRS(性別適合手術)の日にちが決まった

6月
・ジェンダークリニックより英文の診断書を頂いた
・タイのガモンホスピタルでSRSを受けた

7月
・分籍をして親の戸籍から外れた

10月
・職場復帰しRLEを始めた

2016年
6月
・家族と再会し、実家へ戻ることが許された

8,9月
・戸籍上の変更をした(改名、改性)

10月
・クレジットカードや水道光熱費等の改名手続きをした
・元の性別を知らない友達ができた

2017年


3月
・会社を退職した

4月
・元の性別を誰も知らない会社で働き始めた
・趣味の活動に参加し始めた

7月
・元の性別を知らない男性とつき合い始めた

http://www.rakuten.co.jp/kireidelab



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。