yui's note

GID(性同一性障害)の治療過程で思ったことの記録を綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

戸籍の変更完了!

こんばんわ☆

ゆいです。



私は人見知りじゃないので、職場で新しく会った人達にも積極的に話しかけにいってるんだけど、みんな仲良くしてくれてるのでめっちゃ感謝してる 。o@(^-^)@o。



ダイレーションは、今月の15日から5日に1回になった。

もうねー...これくらいの間隔になるとうっかり忘れちゃうんだよねー (・・;)

スケジュール管理はちゃんとしてるんだけど、つい見落として寝る前になって「あっ!ヤバッ!!今日ダイレの日だったんじゃん...」とか...襲いくるゲンナリ感を強い意志で必死に抑えてやった日もあった。

今考えると、1日2回もやってた時期があったなんて...「私、結構頑張ってきたんだなぁ~」とか感慨深くなる...



戸籍の変更は、改名を認める審判書が届いた。

私の場合は、国内のガイドラインに則って治療し書類を揃え、SRS後に改性と改名を同時にしたので、家庭裁判所に行ったのは書類を提出した時だけだった。

提出して2週間後には改性を認める審判書が届き、それから改名するための回答書が届いたので書いて返送したら、3日後には改名を認める審判書が届いた。

家裁に書類を提出してから約1ヶ月くらいかな...


これから市役所で改名の手続きをして、免許証や保険証などの身分証明を改めた後、職場に連絡して銀行口座やクレジット、不動産会社や水道光熱関係への連絡とか・・・年末に向けてちょっと忙しくなるんだろうなぁ...

健診も重なるし、たぶん結構ワサワサした年末になりそう... (^^;;)



世間の風潮とは逆に、私は私が元男であったということをむやみに公表したくなくてさ...

私は男であったことが嫌だったので、写真とかも全部捨てた。

あと、過去を知られると相手にあれこれ気を遣わせちゃうのが辛いっていうのもある。

妊娠・出産の話とか、生理の話とか、おねぇタレントの話とか・・・過去を知ってしまってる人はそういう話題にならないように気を遣ってくれてると思うからさ...

それに、ちょっとガサツな動きをすると心の奥底で「やっぱり元男だから...」っていう意識をさせてしまうかもしれないっていうのも嫌なので...

そんな感じなんで、私的にはむしろ「本当に女性らしいね~」よりは「なんか男みたい」って言われた方がいいかなぁ。。。

初期のブログタイトルは「女性よりも女性らしい女性になるために・・・」だったのにねー  (^.^)



共感したり、参考になったら押してねー!
   ↓↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ 
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/09/11 21:00 ] SRS(性別適合手術)後の出来事 | TB(-) | CM(0)

私、そんなに変わったのかな...?

こんばんわ ☆

ゆいです (^.^)



日々、幸せを感じながら生きていけてる... (*^^*)

周りのみんなと自分にも感謝なのだー!



この前、生まれた時の性別を知ってる親友と会った。

半年ぶりだっ♪

彼女は再来年にバンコクに赴任できるのを目指して、今タイ語を猛勉強中なので、会った時は「サワディ―・カー」って言おうと思ってたみたいだけど、私を目の前にしても私とわからなかったらしくて「言いそびれたよぉ~」って不満そうだった。

私と気づいた瞬間

「え~っ!」「ええ~っ!!」って何度も言ってたのがすごく印象的だった。

私、そんなに変わったかのなぁ。。。自分では全然実感ないんだけど...



相変わらず少し天然な彼女と買い物して、ご飯食べて・・・

少し先を歩く彼女に私が忠告する。

「おーい!歩き方がおばちゃんみたくなってるぞ~」

私と同じ会社で働いてた時は一番若くて初々しかったのに、今じゃ女性の中で一番年上のお姉さんになって風格さえ感じる (^^;;)

時の流れを感じさせるねー

・・・んとまぁ、幸せ印二重丸の一日だった (^0^)



明日、まおちゃんが自分の口で何かを語るみたい...

なんだろ...病状があんまり良くないのは、えびぞうさんからの言葉で知ってるけど...


...私はいつでも奇跡を信じてる...

今までいろいろな奇跡を信じてきたけど、そのほとんどは裏切られてきた。

でも...それでも信じる...100%の想いでねっ!



今の性別での社会生活が落ち着いてきた今、私がしようと思ってることは3つある。

ひとーつ、お母さんに、今の私ができる精一杯の親孝行をしてあげること!

母の一番の幸せは、私が幸せに生きていくことなのはわかってる... (^.^)

でも、子供の立場からみると、それじゃあ物足りないんだよ~


孫の顔を見せてあげることができない...だから今は、お母さんといっぱい会って、いっぱいの想い出をつくりたいんだ・・・

お父さんにしてあげられなかった分もね...


あとの2つはね...今はまだ秘密 (^^)



・・・今回もいろいろ書いたけど、とにかく私は元気!超元気!!

仕事上でのほぼ全ての名前も女性名に変わった。

改名の審判ももうすぐ下りる...そしたら身分証明とかクレジットカードを改めて・・・その時から本来進むべき私の人生が作られていくんだと思う。
[ 2016/09/01 21:00 ] SRS(性別適合手術)後の出来事 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

ゆい

Author:ゆい
こんにちわ、ゆいといいます (^.^)


小さいころから性別への違和感を感じながらも

「親を悲しませるんじゃないだろうか?」とか「親の期待に応えなきゃ!」とか...

いろいろ思い悩み、なんとか治療をしないで生きていける方法を探っていました。

でも、もし治療をしなければならなくなった時に、慌てることのないように手術費とかも少しづつためていました。

・・・で、そのうち精神不安が重なったことなどがキッカケで、治療をする決心をしました。


そして2015年にSRS(性別適合手術)をして、とりあえずの治療は終えることができました。


私にとってGID(性同一性障害)は生きていくための障害になっていました。なので、まずそれをなくしたいという一心だけでした。

だから、治療を終えた後も達成感とかそういうのはなく、これからの不安とかで頭がいっぱいでした。



このブログは、MtFへの「準備」という名の根を張り続けた記録を残しています。



【治療経歴】

2012年

7月
・ブログを書き始めた

12月
・GIDの治療を始めることを決めた

2013年

1月
・ジェンダークリニックへ通い始めた

5月
・ 親へカミングアウトをし、GID診断後はSRS(性別適合手術)までの治療を受けることを伝えた

6月
・親と話し合って、SRS後は親の戸籍から抜けることにした

10月
・ジェンダークリニックよりファースト診断書を頂いた

11月
・女性ホルモン注射を始めた

12月
・ジェンダークリニックよりセカンド診断書を頂いた

2014年

1月
・ジェンダークリニックよりホルモン同意書を頂いた

3月
・上行結腸ガンが見つかった

5月
・上行結腸ガンの手術をした
・会社の役員にカミングアウトをした


6月
・会社側の条件に従って、職場の上司にカミングアウトをした

9月
・会社側の条件に従って、職場の同僚にカミングアウトをした

10月
・仮のRLE(実生活経験)を始めた

12月
・ジェンダークリニックにて身体意見書が完成した

2015年

3月
・渡航中の食事環境に慣れるため、タイ料理を食べた
・今までの感謝の気持ちとして、家族を夕食に招待した

4月
・ガンの精密検査で異常がないことがわかった
・SRS(性別適合手術)の日にちが決まった

6月
・ジェンダークリニックより英文の診断書を頂いた
・タイのガモンホスピタルでSRSを受けた

7月
・分籍をして親の戸籍から外れた

10月
・職場復帰しRLEを始めた

2016年
6月
・家族と再会し、実家へ戻ることが許された

8,9月
・戸籍上の変更をした(改名、改性)

10月
・クレジットカードや水道光熱費等の改名手続きをした
・元の性別を知らない友達ができた

2017年


3月
・会社を退職した

4月
・元の性別を誰も知らない会社で働き始めた
・趣味の活動に参加し始めた

7月
・元の性別を知らない男性とつき合い始めた

http://www.rakuten.co.jp/kireidelab



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。