yui's note

GID(性同一性障害)の治療過程で思ったことの記録を綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ツラすぎる...名前変更

こんばんわ☆

ゆいです (*^-^)



季節の変わり目だからなのか、最近やたら眠いしやる気もおきない...

それに身近な人達にいろいろあって、気分が落ち込むこともある...

...でもね、そういう時は無理しないのだー

部屋が散らかっても、だらしない生活になっても気にしないのだー

やる気がおきる時が必ずくることがわかってるからね (^^)

10月はプライベートで人に会う機会も少なめだから、むしろ気分とリンクしてちょうどいいかもしれない (^o^)



おかげさまで、職場の人間関係は順調そのもの!

ウチの女性の人間関係はグループになってるのや一匹狼、なかなか輪に加われない人などいろいろといるんだけど、私は無所属っていうスタンスでやってる。

無所属っていいっ♪

誰とでも仲良くできるし...その代わり関係はあまり深くはならないけど・・・元々、めんどくさいの嫌だから私に合ってるかもね (^.^)

う~ん...これは母譲りかなぁ...友達付き合いは適度な距離を保つのが私のスタンスなんだよね...

でも、なんか裏表ないように思われてるのか、何人かから本音を漏らされたり頼られたりして...そういう時はすごくうれしい気分になる (^0^)

本人は悩んでるのにゴメンね (^^;;)



・・・と、職場の人間関係はいいんだけど、会社自体は転機を迎えていて、今後、私にも何かしらの影響があると思ってる・・・

でも、逆境の時は意識的にいい方向に考えよー

孤立している時は、孤独に慣れるための...

心が不安定な時は、精神的に強くなるための...

周りに不幸があった時は、悲しみに耐えるための...

それぞれ、いい実習期間だと考えるようにしてるんだよー (^.^)


また、逆に意識的にめっちゃ後ろ向きに考えることもある。

そうすると気分が落ち着く時があるんだよね...人の心って不思議だよね~


いろいろ忙しくしてる時には考えもしなかったことを考えることができる...

もしかしたら、それが新しい世界への第一歩を踏み出すことになるかもしれない...

ワクワクドキドキ・・・そう考えるとダラダラして過ごすことも、決して無駄なことじゃないよねっ!




新しいクレジットカードが届き、水道光熱関係とかも改性、改名が終わった。

保険証はまだ届かないけど、代わりとなる資格証明書を頂くことができた。


一連の変更手続き・・・私にはツラすぎた...

「下の名前と性別が変わったので、変更をお願いします...」

辛い...辛すぎる...ストレス溜まりまくり・・・

事情が許せばいったん解約して、別人を装って新しく登録し直したかった...

それが正直な気持ち...


携帯のキャリアに電話したら、お店で手続きして下さいって言われた。

対面でそういう手続きをするのは気持ち的に抵抗があるので「できるなら郵送でお願いします...」って抵抗した。

んーとさぁー...改性と改名を店頭でやれってさー...なんて気持ちが汲めない人なんだろうかって思ったけど、それは一人よがりな考えなのかもね...


KABA.ちゃんが話してたエッチ関係の発言についてもそうなんだけど...MtFさんブログでお顔をさらす人、MtFであることをどんどんカムする人、MtFは個性だという人、性はグラデーションだという人・・・

実は、私には理解できないことばかりなんだけど、今は、「そういう人達がいてもいいのかなぁ」っていう考え方が持てるようになってきてる。

多様性・・・MtFに限らず、他のいろいろな考えや人間性に対して理解ができない人はたくさんいると思うし、私もその一人だったけど、これからはなるべく受け入れていこうという気持ちになってます (*^-^)


結局は今、自分がそれでいいと思えばいいんだよね...

周りがMtFとしか見てくれてないことに気づく人がいる...

MtFを公言することで周りに気を遣わせ、迷惑をかけていたことに気づく人もいる...

自分の言ってたことが恥ずかしいと気づく人もいる...

...そう気づいた時、その後から直せばいいのかもしれないよね...


人の考えは変わると思う...人や食べ物の好みのようにね...

だから、間違ってたと思えば変わっていくのが自然なんだと思う。

気づくたびどんどん変わりながら、より魅力的な人になってやろうじゃん!



あ...そうそう、ひざ上丈のスカートもすんなりクリアした。

やったぜぃ!



共感したり、参考になったら押してねー!
   ↓↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ 
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/10/22 21:00 ] SRS(性別適合手術)後の出来事 | TB(-) | CM(0)

初スカートと友達づきあい

こんばんわ ☆

ゆいです。



戸籍の変更が終わったから免許証とか書き換えにいった。

免許証には性別が載ってないので、裏に氏名変更の記載がされるだけ。

写真も撮り直せないみたいだし、表の名前は昔のまんまだから再発行ができないか聞いたんだけど、やっぱ難しいみたい... (._.)

次の更新まで待たなきゃ...って...でも次って4年後なんですけど・・・(^^;;)

これから写真付きの身分証明を見せなきゃいけないシーンがあるかもだから、今はマイナンバーカードを作ろうっていう気持ちになってます。

...だって、どう考えても嫌でしょ!

表が元の性別の時に撮った写真と名前でさー

裏見せて「今はこうなってます...」なんて言うの...屈辱的すぎるでしょ...

公的機関とかそこで働いてる人達って気が利かない人が多いよね・・・フルネームで呼ぶしさ・・・もうちょっと状況を把握して、その人の気持ちとか考えられないのかなぁ...(ノ_・。)


保険証は社会保険なので職場経由で手続きしてもらってる。

新しい保険証が届いたら、今持ってるのと交換っていう形になるそう・・・

病院の診察券やカルテなどは、新しい保険証ができてから変更して下さいとのこと。


年金手帳は、再発行ができるみたいなのでお願いした。

名前に二重線引かれて、その上に新しい名前を書かれたものをずっと持ってるっていうのも嫌だし...


クレジットカードも手続き中・・・

新しいカードが届くまでの間もクレジット機能が使えるものや使えないもの、suica機能だけが使えないもの・・・カード会社によって対応が違うので混乱したぞー


一連の手続きで感じたのは、「あ~~~、面倒くさ~~~」

それ以外の感情は湧かなかったかも...

元々、戸籍を変えるために手術したわけじゃないのもあるんだろうね...

だから、手術を受けた後もしばらく戸籍の手続きをする気にならなかったのかも...


でも、日常生活を送れば送るほど、元の性別や名前の身分証やカードを持ってることで混乱を招いて申し訳ない気持ちになったり、自分自身が嫌な思いをすることも多くなってきたから、まぁ...仕方なくって感じがしないでもないかな...



・・・あ!この間、初めてひざ下丈のスカートをはいて外出したよー

スカンツやロングスカートははいてたんだけど、この長さは初めてだったので緊張するかな~とか思ったけど全然だった!

...なんか拍子抜けするくらい・・・これならひざ上もすぐにいけそうだっ♪

パンツだけだとコーデのバリエーションが限られるから、今回の経験は大きかったかも... (*^^*)

今まで封印していたスカートでの通勤も、明日から始めようと思ってる。

これでマンネリ化から脱することができる!ワ~~イ!!



この前、和太鼓のコンサートに行ってきたんだけど、会場で素敵な感じの女性と出会い、話をすることができた。

自然体で控えめ...で、品格の高さを感じさせる人・・・なんか尊敬できる (^.^)


途中まで一緒に帰ってきた。

まだ下の名前しか知らないけど、いい友達になれたらいいな~って思っちゃった (^.^)

相手も同じような気持ちだったらいいんだけどなぁ~ (*^^*)

でもまぁ、縁があればまた会えるだろう!



共感したり、参考になったら押してねー!
   ↓↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ 
にほんブログ村
[ 2016/10/02 21:00 ] RLE(実生活経験) | TB(-) | CM(0)
プロフィール

ゆい

Author:ゆい
こんにちわ、ゆいといいます (^.^)


小さいころから性別への違和感を感じながらも

「親を悲しませるんじゃないだろうか?」とか「親の期待に応えなきゃ!」とか...

いろいろ思い悩み、なんとか治療をしないで生きていける方法を探っていました。

でも、もし治療をしなければならなくなった時に、慌てることのないように手術費とかも少しづつためていました。

・・・で、そのうち精神不安が重なったことなどがキッカケで、治療をする決心をしました。


そして2015年にSRS(性別適合手術)をして、とりあえずの治療は終えることができました。


私にとってGID(性同一性障害)は生きていくための障害になっていました。なので、まずそれをなくしたいという一心だけでした。

だから、治療を終えた後も達成感とかそういうのはなく、これからの不安とかで頭がいっぱいでした。



このブログは、MtFへの「準備」という名の根を張り続けた記録を残しています。



【治療経歴】

2012年

7月
・ブログを書き始めた

12月
・GIDの治療を始めることを決めた

2013年

1月
・ジェンダークリニックへ通い始めた

5月
・ 親へカミングアウトをし、GID診断後はSRS(性別適合手術)までの治療を受けることを伝えた

6月
・親と話し合って、SRS後は親の戸籍から抜けることにした

10月
・ジェンダークリニックよりファースト診断書を頂いた

11月
・女性ホルモン注射を始めた

12月
・ジェンダークリニックよりセカンド診断書を頂いた

2014年

1月
・ジェンダークリニックよりホルモン同意書を頂いた

3月
・上行結腸ガンが見つかった

5月
・上行結腸ガンの手術をした
・会社の役員にカミングアウトをした


6月
・会社側の条件に従って、職場の上司にカミングアウトをした

9月
・会社側の条件に従って、職場の同僚にカミングアウトをした

10月
・仮のRLE(実生活経験)を始めた

12月
・ジェンダークリニックにて身体意見書が完成した

2015年

3月
・渡航中の食事環境に慣れるため、タイ料理を食べた
・今までの感謝の気持ちとして、家族を夕食に招待した

4月
・ガンの精密検査で異常がないことがわかった
・SRS(性別適合手術)の日にちが決まった

6月
・ジェンダークリニックより英文の診断書を頂いた
・タイのガモンホスピタルでSRSを受けた

7月
・分籍をして親の戸籍から外れた

10月
・職場復帰しRLEを始めた

2016年
6月
・家族と再会し、実家へ戻ることが許された

8,9月
・戸籍上の変更をした(改名、改性)

10月
・クレジットカードや水道光熱費等の改名手続きをした
・元の性別を知らない友達ができた

2017年


3月
・会社を退職した

4月
・元の性別を誰も知らない会社で働き始めた
・趣味の活動に参加し始めた

7月
・元の性別を知らない男性とつき合い始めた

http://www.rakuten.co.jp/kireidelab



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。